傷鴨日記

論語と算盤に生きる。

俺のうんちが喜んでいる。- 科学的に正しい便秘解消策 -

これは15年におよぶ、俺と俺の腸による便秘との戦いを纏めたものである。

結論から言うと、以下が便秘戦争集結の秘訣である。

  • プレバイオティクスとプロバイオティクスを毎日摂取する
  • インスタント食品に手をつけない

私はこの15年、常に便秘と、便秘の終わりを告げる下痢に悩まされていた。要するに私の腸内環境は15年間最悪だった。

それがスタンダードであったので、特段ストレスを感じていたわけではない。ただ、冬の満員電車で訪れる急激な下痢痛には心底悩まされたものである。耐えた際の、下痢が出る瞬間の爆風は、中々の威力と爽快さを感じる。

幸いにも、下痢痛と事故による電車の緊急停止が重なって起きるという最悪の事態は1回だけで済んだ。ここで私は真の地獄を味わい、そして限界を超えた。

科学的に正しい便秘解消策

さて、私は生涯を通してこの最悪の腸内環境と共に生きていくものと思っていたが、呆気なく見直しを迫られることになる。過多なストレスによる軽症うつの発生と、それに伴う休職である。

ここで私は軽症うつやストレスは、腸内環境が一つの原因であることを知ることになる(逆も然り)。これは私にはたいそう意外な事実で、いわばイノベーションであった。腸内環境なんて別にこだわる必要なんで無いでしょうという思い込みが、私の身体を大いに蝕んでいた。

確かに休職前の、私の腸内環境は過去最悪であった。長時間労働が続き思考が止まり、食欲はあったもののまともに気を使えず、毎日ファストフードを食していた。私の腸内は悪玉菌に満たされ、更に健康が悪化すると言う明らかに負の連鎖が続いていたのは確かであった。

腸内環境が休職に至る決定的な原因ではないにしろ、それが一因であったことは間違いない。ということで、軽症うつの回復と共にこれを見直すことにした。

kizukamo.com

いくつかの書籍と論文を読み込み、解決方法を纏めたのが上記事である。結局この通りに従って2ヶ月ほど生活習慣を見直した生活を行ったところ、これが見事に解消されたのである。

思えば、便秘戦争が一時的に休戦へと持ち込まれた瞬間が確かに一度だけあった。それは、私がイギリスに短期留学に行った際であった。恐らく食物繊維が含まれている芋と豆ばかり食わされた食べさせて頂いたからであろうが、改めて食生活がいかに大切なのかを痛感させられた次第である。

最初の1ヶ月はさほど効果を感じなかったが、2ヶ月目にして効果が劇的に表れ始めた。今まで毎日うんちが出るなんて信じられなかった。早くて3日、時には5日を要す私のうんちが、毎日出るのである。感激である。

加えて、うんちが美しい。うんちが美しいのである。俺のうんちが美しい。信じられない。これまで頑張って頑張って踏ん張ってもトリュフチョコ(ごめんなさい)かあるいはアスパラのようなうんこしか出てこなかった。しかし今はバナナのような美しい形と柔らかさのうんちが出てくる。それも毎日である。なんて快適な毎日であろうか。 

うんちを汚くさせそうなもの

基本的にサプリ服用とNoインスタント生活をしていれば美しいうんちは維持される。ということでいくつか実験を行ってみた。

マクドのポテトを食う

久しぶりのファストフードはマジで美味い。残念ながら人生で最も美味しく感じてしまった。が、面白いことに、食後に吐き気が襲ってきた。これは私の胃や腸が久しぶりすぎて拒絶反応を起こしたからであろうか。それほどファストフードは身体に悪いということであろうか。結果、若干の便秘となった。数日間私のうんちはトリュフチョコ(ごめんなさい)になったが、しばらくしたら再び美しくなった。

カップ麺を食う

これも食うだけで中々の菌を殺すのだろうか。若干の吐き気と2日間程度の便秘に陥った。

揚げ物を食う

唐揚げやら天ぷらやら、揚げ物も腸にはあまり良いものではないらしい。しかし私は寮生活をしているということもあり、食の運命は食堂のおばちゃんに握られている。ということで揚げ物も何度か食ってきた。が、大して問題ない。食べ過ぎると多少うんちが固くなるが、便秘には至らないというのが結論だ。

加工食品

ハムやウインナーなどの加工食品も腸にはよろしくないらしい。が、これも少量程度であれば問題なし。

うんちを美しくしないもの

この画期的で容易な解決策に出逢うまで、いくつか便秘の解消を試みたことがある。が、大して効果がなかったものを挙げる。

蒟蒻畑ララクラッシュを喰らいまくる

一般的な常識とされる「食物繊維は便秘に良い」という法則に従い、1ヶ月ほど食いまくったことがある。が、1日2〜3個程度であれば全然食物繊維を摂取できずに便秘は解消しない。かといって食べ過ぎると糖分が増える。ということでこの施策は完全ではない。補助としての活用には良いかもしれない。

水を飲みまくる

私の家庭は大して水分を摂らないことが影響して、私も大して水を飲まない習慣になっていたが、これを改めてみた。具体的には、水分を毎日2リットル飲むというもの。良い習慣ではあったが、これは蒟蒻畑と同様で、便秘解消の直結的な解決には至らない。腸が死んでたら、どれだけ水を採ってもダメらしい。便秘というより他に効果がありそうだ。

うんち体操

腸内に良い刺激を与えて、便意を促すという施策。これも、腸が死んでいたら意味がない。

君のうんちは美しいか

ここまで便秘解消策について述べてきたが、これはある程度、科学的に実証されている施策である。ということで、現在便秘に悩まされている人は、1〜2ヶ月ほど試してみてほしい。決して数日で治るものではないので、そこは根気よく続けて頂きたい。実際1ヶ月ほど続けた結果、私のうんちは徐々に美しくなった。


乃木坂46 『命は美しい』Short Ver.

とはいえサプリについては個人差があるであろうから。効果がない、あるいはむしろ健康に悪影響を及ぼすようであれば直ちに服用を止めること。

それでは皆さんのうんちが美しくなることを願いつつ、今日も私は美しいうんちを水に流すことにしたい。実に良いクリスマスである。