傷鴨日記

軽症うつと失恋から立ち直り、起業を目指す乃木坂46ファンのブログ。

【乃木坂46】まだ世間に発見されていない逸材を5人紹介する。

乃木坂46』というブランドは今、絶頂期にある。

今となっては毎日何かしらのメディアに登場しては我々を癒やしてくれる。が、ピークを迎えた今だからこそ、にわかファンの私としては怯えているのだ。これから来るであろう、切ない、あるいは寂しい下降期が来ることを。だからこそ、メンバーの去就もめちゃ気になっている。『乃木坂46』の認知度は非常に高まった一方で、各メンバーの認知度はかなり微妙だからだ。 ファンとなった今こそはもう「なにこのグループ可愛い人ばっかじゃん」状態なのであるが、世間は未だそこに至っていない。

ピークである今こそ、この『乃木坂46のメンバー』というブランドを上手く使ってステップアップできるのか。かなり気にかけている。 モー娘。もAKBも、卒業メンバーのその後は一部を除いてあんまり成功しているイメージはない。アイドルでの強者が今後の強者であるとも限らない。

さて今回はそんな乃木坂46メンバーは今後どうなっていくのか、 願いも込めて、まだまだ世間に発見されていないメンバーを紹介していきたい。

念の為に言っておくが、これは私の完全なる主観だ。Twitterに出てくるテキトーなツイートの1つのようなものとして、テキトーに見て頂ければ幸いである。私の本当の願いは不祥事もなく、爽やかに引退して素敵な一般人になって頂ければいいと思う。結婚して素敵なお嫁さんになるなり、マスメディアには現れない別の仕事に就くなり、そういった人生でも全然いいと思う。だからこそ、橋本奈々未みたいに、いつまでも心に残ったりする。 

※画像はAmazonリンク。クリックしないでね。

最強部門:山下美月 

乃木坂ファンのみなさん、ごめんな。1人だけ挙げるならどう考えても山下美月だわ。

3期生ということもあって世間の認知度もまだまだこれからという所であるが(まあすでに露出しまくっているが)、山下美月は超がつくほどの逸材だ。いかにもアイドルっぽい可愛さであるのだが、すごい良い意味でなんか乃木坂46って感じではない。それは彼女から垣間見える小悪魔感とかセクシーさが乃木坂のイメージと一線を画するからだろうか。あるいは、彼女のブログはどこか文才に溢れてて、なんだかハマってしまう面白さがあるからだろうか。

しかも彼女は未だ19歳。これから乃木坂の次期エースとして活躍するか。その後は、才能を活かして良い具合に成長していきそうな予感がする。

YouTubeで『山下美月』を検索

ただこの人はクラスナンバーワンのモテ女として君臨しているせいで当然ワシみたいなフツメンには興味なくて勇気出してLINE送っても2〜3日後に返信来て数回のやり取りでブチられそうなイメージがどうしても拭えない。怖いなあ。※イメージです。

可愛い部門:北野日奈子

「なんやめちゃめちゃ可愛いやん。これで選抜ちゃうの意味わからんくない?」というのが初めて北野日奈子を知った時の感想。

この前ライブに行ってきたので率直な感想を言うが、群を抜いて可愛いオーラがあったのが西野七瀬山下美月北野日奈子の3人だった。既に乃木坂では選抜として定着して人気もある前2人に加えての、北野日奈子。おい、これは恐ろしいことだぞ。何がだよ

普通にトップレベルで可愛いと思うのに、なぜ。というくらいに乃木坂のレベルは高いのだなという印象である。 とにかくこの圧倒的可愛さを活かして、新しいステージに飛び立って行ってほしいなと思う次第である。なんと写真集発売も決定したしな。

YouTubeで『北野日奈子』を検索

乃木坂46 北野日奈子 1st写真集『空気の色』

乃木坂46 北野日奈子 1st写真集『空気の色』

 

ただこの人は超可愛いビジュアルとは裏腹に私なんかのフツメンにはとても対処できなさそうな心の問題を抱えていそうな気配を感じるので、ちょっと心配になるときもある。ただし復帰後はだいぶ決心が固まり気分も晴れたイメージが強い。休むって大事だよなあ。

きれかわいい部門:佐藤楓

『可愛いくて、キレイ。キレイだけど、可愛い』

この絶妙なラインにそびえ立つ天使。それが佐藤楓である。先日握手会に行ってきて(人生初めてである)、最大限の応援メッセージを彼女に贈ってきた。というのは嘘で、緊張してちびった。

こういう人はなかなかいない。可愛い人が年を重ねていくごとにだんだんきれいになっていってどっちも持っちゃいましたって人はいる(宮崎あおいとか)。キレイに全ステータスを振った人もいる(梅澤美波とか)。が、彼女はまだ若いのにそれだ。これだけ可愛くてきれいでスタイルもいいのに、紹介した中でも特に見つかっていない逸材。

ようやく乃木坂46ファンも徐々に彼女の魅力に気づき始めた位の認知度で、極めて異質な状況に置かれている。おかしい、おかしいぞ。

もっともっと評価されるべきであり、世間に彼女が知られることを私は夢見ているぞ。

YouTubeで『佐藤楓』を検索

超可愛いけどやっぱりキレイなもんだから、若干近付き難い印象もある。昔クイズ王が白石麻衣のことを怖かったと仰っていたが超絶よく分かるわ。美人ってなんか怖いよな。俺は梅澤美波さんには絶対近付けないわ。

キレイ部門:佐々木琴子

梅澤美波は近付けない美人であるが、佐々木琴子は近付けそうな美人である(一応言っておくが梅澤美波をけなしているわけではない。それほどオーラのある美人ってことを言いたい)。なんというか品格が素晴らしすぎるよな。ライブ行った時にふと双眼鏡越しに「なんだあのきれいな人は」って思ったもん。こんな顔立ちをしているのに意外とハキハキテキパキと話しているから好感度も高い。デート行ったら普通に楽しく喋れる自信があるわ。

この人が選抜に入らないのも辛いよな。辛い世界だよほんと。とはいえ、そろそろ入って頂いてもよろしいんじゃなくて?なあ?

YouTubeで『佐々木琴子』を検索

いややっぱり惚れ惚れするくらいキレイだな。近づけるけどやっぱり緊張するわ。声震えそうどうしよう。

絶妙に可愛い部門:寺田蘭世

絶妙に可愛い(きれい)人っているじゃん。水原希子とか小松菜奈とか。パーツが絶妙に素晴らしくて、けど一歩間違えたら途端にハズれそうな(だいぶ失礼なことを言っている)。寺田蘭世はそれである。絶妙に可愛い。

私は乃木坂46を認知し始めた頃に『ブランコ』という曲にハマり(最初は嫌いだった)、そのセンターである寺田蘭世の可愛さにおったまげた記憶がある。おい、やっぱり乃木坂は意味わかんねえと。


乃木坂46 『ブランコ』Short Ver.

齋藤飛鳥はアンダーから見事にエースへと昇華したが、寺田蘭世もそうなって良いんじゃないかと思っている。

まあ確かに、彼女が何か突出したものがないというのは弱みかもしれないのだが、いや、ふつうに可愛いじゃんと。なんなんだよと。言いたくなってしまうのである。

YouTubeで『寺田蘭世』を検索

ただこの人は、普通に性格が怖い。言い返してくれるような人しか対等で話せないらしく、俺のような超絶ビビリクソ野郎には到底無理な話である。同期として出会いたかったな。そしたら良い関係を築けたと思うわ。

乃木坂46とかいう可愛いがインフレしているグループ

乃木坂46には推しメン候補がいすぎて、分散して、人気も散らばっている。

『可愛い』がインフレしていて、ファンですら追いついていないのだ。そうなると何かで突き抜けないと乃木坂内でも人気が出ることなく、時間があっという間に過ぎてしまう。乃木坂46での毎日は私の人生に比べればあまりにもダイナミックで、毎日が失敗の連続で、とにかく苦しいだろう。しかし見ている人は見ているし、乃木坂に括らず人生を謳歌してほしいと願っている。そういった意味で乃木坂はかなりいい環境だ。夢や自己都合であっさりと卒業したメンバーが数多くいる。卒業は悲しいが、悪くない。自分の決断で、きっぱりと辞めるのであれば、ファンは支持する。

まだまだ紹介したいが、とりあえずお終い。 何はともあれ、乃木坂46のこれからの活躍に乞うご期待だ。