傷鴨日記

鬱と失恋から立ち直り、起業を目指すブログ。

西野七瀬ソロ曲まとめ【全6曲】

先日卒業を発表した乃木坂46の絶対的エースである西野七瀬。彼女のソロ曲、全6曲は以下の通り。

西野七瀬 × ソロ曲
  • ひとりよがり / 1stアルバムDisc2収録
  • ごめんね ずっと・・・ / 11thシングル(命は美しい) Type-D収録
  • もう少しの夢 / 12thシングル(太陽ノック) カップリング曲
  • 釣り堀 / 13thシングル(ハルジオンが咲く頃) Type-C収録
  • 光合成希望 / 2ndアルバム収録
  • つづく / 22ndシングル(帰り道は遠回りしたくなる) Type-A収録

[/box] 西野七瀬のソロ曲はとにかく切ない名曲が多い。そんな中でも唯一の明るい曲である「光合成希望」も、今となっては貴重である。 西野七瀬が参加している全曲リストは以下にまとめた。 [kanrenc id="928"]

1.ひとりよがり 

ひとりよがり

ひとりよがり

  • provided courtesy of iTunes

1stアルバム「透明な色」のDisc2に収録された、西野七瀬としての初のソロ曲。

これは彼女の決意や覚悟が全面的に表れた感動曲である。 歌詞をみれば分かるが、一見すれば失恋ソング。それはそれで秀逸であるが、本当は家族愛や自分の決意を強く物語っている。アイドルになる上で捨てなければいけないもの、別れるには惜しいが、それでも一歩進むためには必要なもの。これらを自分が覚悟した上で、別れ、そして踏み出す。西野七瀬の強さと弱さが同時に見えるなんとも切ないソングだが、これがまた良い。

2.ごめんね ずっと・・・


乃木坂46 『ごめんね ずっと・・・』Short Ver.

11thシングル「命は美しい」に収録されているカップリング曲。

これもまた、「ひとりよがり」と同様に失恋ソングとしても秀逸だが、やはり彼女の決意を表した曲である。MVをみればお分かりの通り、乃木坂46に入らなかった場合の西野七瀬も描かれている。

こんな人生もあったかもしれない。それはそれで幸せだったかもしれない。しかし、私はアイドル。乃木坂46の道を進むことを選んだ。そのような「普通の人生」からの決別、アイドルとして覚悟を決めて前へ進むという強い覚悟の表れがこの曲とMVには示されているのだ。 これを卒業時に流されると、たぶんほとんどの人が泣くんじゃないか。というくらい、また大きな意味を持つ曲になってしまいそうである。

ごめんね ずっと・・・

ごめんね ずっと・・・

  • provided courtesy of iTunes

3.もう少しの夢 

もう少しの夢

もう少しの夢

  • provided courtesy of iTunes

12thシングル「太陽ノック」に収録されている曲。

「太陽ノック」といえば久々に生駒里奈がセンターとして返り咲いた記念すべきシングルであるが、にもかかわらず西野七瀬のソロ曲が収録されているのは驚きだ。最初の2曲よりは多少明るくなり、より前向きに感じさせられる曲に仕上がっている。「夢」や「努力」と言った言葉が頻発するあたり、過去と決別し前へ進む決意をした彼女の、その先の姿を表しているようだ。事実、この頃にはセンター曲と共に西野七瀬の人気が急上昇しており、それが彼女をより奮い立たせているのではないかと感じる。

4.釣り堀


乃木坂46 『釣り堀』Short Ver.

14thシングル「ハルジオンが咲く頃」に収録。

ご存じの通り、深川麻衣の卒業センター曲であるが、ここでも西野七瀬のソロ曲が収録されている。彼女の人気と勢いが表れている証拠である。これも一見恋愛ソングとして見られるかもしれないが、実は深川麻衣へのメッセージソングなのではないか。と考えていたりする。

釣り堀

釣り堀

  • provided courtesy of iTunes

5.光合成希望

光合成希望

光合成希望

  • provided courtesy of iTunes

2ndアルバム「それぞれの椅子」収録曲。

これまでの4曲の曲調とは正反対の、とても明るい1曲に仕上がっている。結局そのような明るいソロ曲はこの「光合成希望」のみとなり、ある意味ものすごい貴重な1曲である。しかしこれもまた彼女の人生を、光合成を比喩にして表しているようだ。今回は決意や覚悟とではなく「変化」。さらに彼女自身、そして乃木坂46としての新しい魅力を出すための光合成。爽やかであるが、やっぱり感情の起伏が曲に表れている。

6.つづく


乃木坂46 『つづく』Short Ver.

最後のソロ曲は卒業前最後のシングルとなる、22nd「帰り道は遠回りしたくなる」の収録曲。

これまでは彼女自身の感情を表現した曲が多かった。しかし今回は自身だけでなくメンバーや家族、そしてファン。感謝すべき全ての人に宛てられたメッセージ・ソングにもなっている。 終わったが、終わっていない。まだまだつづく。私たちの未来はつづく。

つづく

つづく

  • provided courtesy of iTunes

おまけ.ふめつのこころ


ふめつのこころ 天野アイ(西野七瀬)ver.

2017年末にテレビ東京系列にて放送された西野七瀬の主演ドラマ『電影少女』内にて、西野七瀬扮する天野アイとして主題歌”ふめつのこころ”を歌っている。

この役もやっぱり西野七瀬に合っていて、それがこの作品をさらに良いものにした。この曲も、ストーリーに沿って聴くとまた別の視点で味わうことができる秀逸な一曲に仕上がっている。 フルPVを観るにはDVDを買う必要があるのが残念ではあるが、観る価値はあるな。

ふめつのこころ

ふめつのこころ

  • provided courtesy of iTunes
電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- Blu-ray BOX

電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- Blu-ray BOX

 

おわりに

「儚さ」・「切なさ」の女王である西野七瀬らしいソロ曲ばかりで、ファンとしては非常に嬉しい限りだ。どれもこれも素敵なメロディ、歌詞で、それが彼女の素晴らしい歌声とマッチしている。

歌詞は恋愛系が多く(これはアイドルソングとしては当然)、単調に聞こえてしまう人もいるかもしれない。しかし実はどの曲にも、その歌詞の裏に大きなメッセージが隠れている。それは彼女の人生を表す強い言葉になっていて、それを読み取るとさらに曲の深みが増してくる。そのメッセージを過去の彼女の、乃木坂46西野七瀬の活動経緯に沿って聴いてみると、いろいろな感情があなたを包み込んでくれるだろう。 ぜひこれまでの彼女の活動を目に通して、改めて曲に入り込んで頂ければ幸いである。