傷鴨日記

鬱と失恋から立ち直り、起業を目指すブログ。

西野七瀬センター曲まとめ【全16曲】

西野七瀬センター曲

乃木坂46のエースと言えば、西野七瀬。センターと言えば、西野七瀬。ということで西野七瀬のセンター曲をまとめる。全16曲。  

西野七瀬 センター曲一覧
  • 表題曲センター(7曲)
    • 気づいたら片想い / 8thシングル & 1stアルバム
    • 夏のFree&Easy / 9thシングル & 1stアルバム
    • 命は美しい / 11thシングル & 2ndアルバム
    • 今、話したい誰かがいる(※白石麻衣とWセンター) / 13thシングル & 2ndアルバム
    • インフルエンサー (※白石麻衣とWセンター)/ 17thシングル & 3rdアルバム
    • いつかできるから今日できる(※齋藤飛鳥とWセンター)/ 19thシングル
    • 帰り道は遠回りしたくなる(※卒業曲)/ 22ndシングル
  • カップリング曲センター(4曲)
    • ロマンスのスタート / 8thシングルカップリング曲
    • 何もできずにそばにいる / 9thシングルカップリング曲
    • ポピパッパパー(※白石麻衣とWセンター) / 12thシングルType-A & 2ndアルバムType-B
    • きっかけ(※白石麻衣とWセンター) / 2ndシングル
  • ユニット曲センター(5曲)
    • 他の星から / 6thシングル(ガールズルール) Type-C & 1stアルバムDisc2
    • 僕が行かなきゃ誰が行くんだ? / 6thシングル(夏のFree&Easy) Type-D
    • 隙間 / 13thシングル(今、話したい誰かがいる)通常版 & 2ndアルバム
    • 無口なライオン / 6thシングル(夏のFree&Easy) Type-B & 2ndアルバム
    • Another Ghost / 17thシングル(インフルエンサー)  Type-B / 3rdアルバム初回仕様限定盤 Type-B

※「悲しみの忘れ方」を入れれば全17曲になるが、あいまいなため避けた。 

1.表題曲センター

西野七瀬の表題曲センターは全7曲。有名な曲ばかりでファンなら誰でも知ってるし世間の認知度も高いのではないだろうか。

  • 気づいたら片想い / 8thシングル & 1stアルバム収録
  • 夏のFree&Easy / 9thシングル & 1stアルバム収録
  • 命は美しい / 11thシングル & 2ndアルバム収録
  • 今、話したい誰かがいる(※白石麻衣とWセンター) / 13thシングル & 2ndアルバム収録
  • インフルエンサー (※白石麻衣とWセンター)/ 17thシングル & 3rdアルバム収録
  • いつかできるから今日できる(※齋藤飛鳥とWセンター)/ 19thシングル
  • 帰り道は遠回りしたくなる(※卒業曲)/ 22ndシングル

気づいたら片思い


乃木坂46 『気づいたら片想い』Short Ver.

記念すべき、西野七瀬の初センター曲。この曲とMVにより、西野七瀬に「切なさ」や「儚さ」といったイメージワードが定着していった。

※本人はそんなイメージは自分には無かったと言っている(乃木坂工事中2018年11月11日の回にて)。 また、ヒット祈願にてマカオバンジーを果たしている。これは最も過酷なヒット祈願と言っても良いくらいで、私には到底無理だと思う。しかしながらこれがきっかけで、メンタルが強くなったとも発言している。バンジーがもたらす効果すごい。

夏のFree&Easy


乃木坂46 『夏のFree&Easy』Short Ver.

9thシングルにて、またもや西野七瀬がセンター抜擢。乃木坂46を代表する夏ソングに発展した。ライブでもコールが盛り上がる。「夏だからやっちゃおう!」はライブ初心者ながら結構楽しめる独自コールだった(参考動画)。 舞台は渋谷のベルシュカ。なお今は赤く染まってしまった。 また、SKE松井玲奈が兼任で参加している。

命は美しい


乃木坂46 『命は美しい』Short Ver.

10thアルバムでは生田絵梨花が表題曲で初センターに抜擢されたが(何度目の青空か?)、11thアルバムにて再び西野七瀬がセンターに返り咲き。勢いがすごい。

表現力問われるリズム・ダンスをなんなくこなしている西野七瀬を見ると、段々とエースとしての実感・実力共に湧いてきたのではないかと思わせる作品に仕上がっている。

で、やっぱり彼女の「儚さ」・「切なさ」がこの曲をさらに際立たせている。「儚さの女王」ランキングは、今のところ西野七瀬の独壇場である(※私の中で。時点が浜辺美波)。

今、話したい誰かがいる


乃木坂46 『今、話したい誰かがいる』Short Ver.

初めてダブルセンターが採用された楽曲。ここで白石麻衣西野七瀬という乃木坂46の今後を担うWエースという構造ができあがったのだろうか。

結果的に2人の人気は圧倒的であり、認知度も最も高い。そんな2人は既に乃木坂46グループの象徴であり、さて2人の卒業後を担うのは誰なのであろうか。

インフルエンサー


乃木坂46 『インフルエンサー』

再び、白石麻衣とのWセンターが実現。この曲を皮切りに2017年は乃木坂46を彩る年になった。他のアイドルの追随を許さず、レコード大賞を獲得。

打倒AKB48が叶った瞬間であった。 乃木坂46としては大ヒットの1年だっただろうし、ファンも増えたに違いない。

いつかできるから今日できる


乃木坂46 『いつかできるから今日できる』

映画「あさひなぐ」の主題歌として採用され、その主役に抜擢された西野七瀬と、舞台で主役を担った齋藤飛鳥によるWセンター。それぞれの先輩役である白石麻衣堀未央奈が両脇を構えるという面白いフォーメーション。

映画は当然のように大ヒット。曲も大ヒット。西野七瀬も女優という新しい道を開き、ヒットの連続であった。

帰り道は遠回りしたくなる


乃木坂46 『帰り道は遠回りしたくなる』

メンバー

3列目:斉藤優里井上小百合佐藤楓大園桃子、伊藤理々杏、新内眞衣高山一実
2列目:衛藤美彩秋元真夏堀未央奈若月佑美星野みなみ桜井玲香松村沙友理
1列目:梅澤美波山下美月齋藤飛鳥西野七瀬白石麻衣生田絵梨花与田祐希
※1列目・2列目メンバーが「十四福神」

ついに西野七瀬が卒業を発表し、ラストシングルである当曲のセンターに抜擢。この曲で表題曲のセンターは7回目となり、史上最多となった。

今の西野七瀬からは清々しさを感じるし、覚悟は既にできあがっている。最後はやっぱり切ないが、新しい第一歩を踏み出す勇気をくれる素敵な曲に仕上がっていた。

2.カップリング曲センター

西野七瀬がセンターであるカップリング曲。全4曲。 ※ユニット曲もカップリングとして換算するのであれば、全9曲。

  • ロマンスのスタート / 8thシングルカップリング曲
  • 何もできずにそばにいる / 9thシングルカップリング曲
  • ポピパッパパー(※白石麻衣とWセンター)  / 13thシングルType-A & 2ndアルバムType-B
  • きっかけ(※白石麻衣とWセンター) / 2ndシングル収録

ロマンスのスタート


乃木坂46 『ロマンスのスタート』Short Ver.

初センターを務めた「気付いたら片想い」のカップリング曲においてもセンターを飾った。表題曲とは正反対のポップで明るいソングで、MVも主観目線で見どころ満載。サムネのシーンは西野七瀬のイメージを払拭させるような衝撃のシーンになっており、面白い。

何もできずにそばにいる

9thシングル「夏のFree&Easy」のカップリング曲としてセンターに抜擢。MVが無いのが残念。深川麻衣が推していた曲だったと思われる。

ポピパッパパー


乃木坂46 『ポピパッパパー』Short Ver.

12thシングル「太陽ノック」のカップリング曲であり、乃木坂46のイメージとかけ離れた挑戦的な曲。白石麻衣とのWセンターで、ジャンルとしてはEDM。それらしく中毒性が強い。ドライブミュージックとして聴くと盛り上がる。

きっかけ


乃木坂46 『きっかけ』

2ndアルバム「それぞれの椅子」収録曲にて、またまた白石麻衣とのWセンター。Mr.Childrenがライブで歌っちゃうほど(動画が無いのが残念)の、乃木坂46屈指の名曲に仕上がっており、ファンからの支持も高い。

14thシングル「ハルジオンが咲く頃」選抜メンバー曲のため、本来は深川麻衣がセンターを務める予定だったのだろうがその前に卒業したため、両脇の西野七瀬白石麻衣がWセンターという形になったのだと推測される。

※2017年末に東京ドームで開催された「真夏の全国ツアー2017 FINAL!」では、卒業を発表した伊藤万理華をセンターとして披露された。

3.ユニット曲センター

西野七瀬がセンターであるユニット曲。全3ユニットの計5曲。

他の星から・僕が行かなきゃ誰が行くんだ?・隙間

  • 他の星から / 6thシングル(ガールズルール) Type-C収録 & 1stアルバムDisc2収録
  • 僕が行かなきゃ誰が行くんだ? / 6thシングル(夏のFree&Easy) Type-D収録
  • 隙間 / 13thシングル(今、話したい誰かがいる)通常版収録 & 2ndアルバム収録

有名なのはこの7名からなるユニットで、結果的に3曲もできあがった。ファンからの人気も高い。


乃木坂46 『他の星から』Short Ver.

特に「他の星から」の人気は絶大だ。1stアルバム発売記念によるカップリング曲投票ランキングで堂々の1位を飾るという大人気曲となっている。 MVの西野七瀬の完成度も高く、とにかく可愛いに尽きる。

www.nogizaka46.com

無口なライオン /  6thシングル(夏のFree&Easy) Type-B収録 & 2ndアルバム収録


乃木坂46 『無口なライオン』Short Ver.

こちらはMVの西野七瀬若月佑美に衝撃が走るという面白い作品。

Another Ghost / 17thシングル(インフルエンサー)  Type-B収録 / 3rdアルバム初回仕様限定盤 Type-B収録


乃木坂46 『Another Ghost』Short Ver.

メンバー

ナスカ(西野七瀬伊藤万理華齋藤飛鳥

「ナスカ」というユニット名で唯一つの曲となってしまった。

由来はセンター西野七瀬の「ナセ」、齋藤飛鳥の「アカ」、伊藤万理華の「マリ」を切り取って繋げたもの。

伊藤万理華は既に卒業し、西野七瀬も卒業ということで、もはや幻の曲になってしまったのが残念。

以上でセンター曲は終了となる。 

 

帰り道は遠回りしたくなる(TYPE-A)(Blu-ray Disc付)(特典なし)

帰り道は遠回りしたくなる(TYPE-A)(Blu-ray Disc付)(特典なし)