傷鴨日記

学びや経験、好きなことをアウトプットするブログです。銀行員SEでしたが、自分の人生を歩むべく退職しました。乃木坂46と図書館が好きです。詳細プロフィールはサイドバーにあります。

急な下り坂で奮起すれば、大ジャンプができる理論。

今、どうやら私は下り坂な人生を送っている。それも今までで最も急で長い下り坂である。正直しんどい。辛い。早く終わって欲しい。

 

f:id:gerres72:20181109092827p:plain

しかし、もしかしたらこの下り坂を上手く利用すれば人生は好転するんじゃないかと考えている。まあ、要するに無理やりポジティブに考えている。

 

f:id:gerres72:20181109092835p:plain

そうすれば今まで以上に成長し、良い感じの人生を送ることができるのかもしれない。

芸能人や経営者などの著名人はだいたい何かしらの失敗・挫折話を持っている。みんなだいたい同じ話するから正直飽きたが、彼らはそれを糧に努力して成功を収めているのは紛れもない事実だ。

なぜ成功したか。下り坂になっても凹まずに努力したからだ。落ち込まずそのまま沼に浸からず、奮起したからだ。

 

f:id:gerres72:20181109093107p:plain

自分が辛い状況に陥った時、人は初めて我武者羅に頑張れるものである。だからこそ今まで以上の成長が得られる。ゲームで言えばボーナスポイントのような経験値を得られる。

 

f:id:gerres72:20181109093545p:plain

急な下り坂の中で奮起すれば、上り坂で大ジャンプできる。私はこれを「ジャンプアップ理論」と勝手に命名した。

 

f:id:gerres72:20181109093844p:plain

そして下り坂は急勾配で長いほど良い。その方がジャンプできる。自分が極限まで追い込まれるからだ。スキージャンプと一緒。

私は25年間を物凄く平凡に生きた。そりゃ多少の挫折はあったが、時間が経てばもとの生活に戻ってたし、それなりに楽に生きていたんだと思う。そして、それが正しいとも思っていた。

 

f:id:gerres72:20181109094132p:plain

下り坂の無い人生は楽だ。しかし、平凡だ。このままずっと何十年も平坦な道を歩くのも悪くないが、つまらないかもしれない。

今、私はこれまでにない急な下り坂に直面している。というわけで今の私はチャンス。とにかくチャンス。チャンスすぎる。大チャンスかよ。そして、この大チャンスを掴むしか道は無いのだ。今こそこのジャンプアップ理論を成立させてやろう。