傷鴨日記

自分の人生を歩み、人の為に生きる。

眼が重くて辛すぎる原因が、肩こりだった件。

システムエンジニアとして入社し、初めて訪れた冬。社会人になって半年が過ぎた頃、急激な眼の重みに耐えられなくなった。眼の奥のあたりがとてつもなく痛く、とてもじゃないが集中して働ける状態じゃなくなった。眼を開けてるだけ、起きてるだけで辛い日々が来るなんて夢にも思わなかった。

「一体どうしてしまったんだ、俺の眼は」と、パニックになった記憶がある。だって、たった半年である。一日中パソコンと向かい合う生活を、たった半年続けただけで自分の眼が使い物にならなくなったことにショックを受けた。

そんなことより早くこの眼の痛みから解放されたいあまり、すぐに眼科に駆け込み診てもらったものの、眼医者から「よく分からん。とりあえず休み休み働こう」と言われる始末。「なんだこのヤブ医者は」と思いながら、ひたすら眼がケアできるものを買い漁る日々が始まる。

インターネットで調べた結果、症状としては眼精疲労に近いのだろうと思い、それに対策できる物を買っては試し、買っては試しの繰り返し。とりあえず「めぐリズム」を買ってケアをして、お風呂でも十分に眼を温め、マッサージを怠らない。予防として「ブルーライトメガネ」も買って毎日かけ続け(安物だとクソダサいが致し方ない)、眼に効くという「ブルーベリーサプリ」も買って飲み続けた。

しかしこれが一向に治らないものだから、いよいよ俺の眼が死んだのかと恐怖に覚えた。そういえば高校生の時に眼底出血を患ったことがあり、最悪失明するリスクもあったことを思い出した。そうか、その時が別の形で訪れたのかと思った。が、幸いなことに盛大な勘違いであった。

とにかく眼を休めるためには眼を閉じよう。たっぷり寝てやろうとやけになって、休日に15時間くらい寝てみた。これが私に面白い気づきを与えてくれた。なんと痛みが和らぐどころか、悪化したのである。「眼を休めているはずなのに、なぜだ..!!」とわりと絶望した感情が私を襲ったが、ここで、もしかして眼が原因じゃないのかもと、私に新しい希望を与えてくれたのだった。

で、日々の寝起きをチェックしてみると、朝起きた瞬間の、肩と首に急激なだるさを感じている自分に気付いた(もっと早く気付けよと当時の自分に言いたい)。起きたその瞬間に肩がダルいなんてのは明らかにおかしい。これはもしかして肩こりか。ということで今度は肩こりの予防に努めた。すると面白いことに、肩こりが和らぐと眼の痛みもあっという間に和らいでいった。

たいそうおバカな私は、肩や首のコリが血流を悪くして、それが頭痛や眼の痛みに繋がるなんて知識は一切持っていなかったし、知ろうともしなかった。おかげで眼の痛みを中々取ることができず、仕事に大いなる支障をもたらしたのだが、結果的に治って本当に良かった。今じゃ肩こりも首こりのケアは欠かさず行なっているし、おかけで気持ちの良い人生を送ることができている。肩こりも首こりも眼の痛みのない人生は、なんと素晴らしいことか。感動ものである。それくらいに大変ポジティブな毎日を過ごせている。

ということで、眼が重い、眼が辛いなんて人がいれば、肩や首のコリをほぐしてみることを推奨させて頂きたい。肩こり撃退法は以下にまとめてある。

簡単に要約すると、以下の3点を徹底すれば良い。

  • 根本原因を解消するために「自分に合う枕」を買う
  • 直接撃退するために一番効いたのは「サロンパス
  • 「ストレッチ」を習慣化して予防を欠かさない

私の場合、根本原因は睡眠中に肩こりが発生してしまっていることであったので、枕を買い換えた。自分にフィットした枕を見つけるのはやや難しいかもしれないが、まずは自分にとって高さと柔らかさ(硬さ)が丁度良い枕を見つけるべきだろう。私は2回買い換えた末に見つけた以下の枕で、ようやく寝ても肩こりが発生しなくなった。 

一時はオーダーメイドの枕も検討したがなにぶん高いので、まずは市販の枕で試してようやく見つかったという感じ。結局3千円の枕でも肩こりは解消できるということが分かって良かった。

初期はサロンパスが物凄く効いたので使いまくっていたが、今はもう使用していない。使用せずとも肩こりが無くなったので本当に嬉しい。

【第3類医薬品】サロンパスAe 140枚

【第3類医薬品】サロンパスAe 140枚

 

で、もう二度と眼の痛みを引き起こしたくないので(※マジで辛いです)、毎日風呂上がりに肩のストレッチを欠かさず行なっている。正式には、肩ではなく肩甲骨。


タオルを使ったエクササイズ【肩甲骨はがし】

これが本当に良く効く。1日5回やるだけで、腕を曲げないと回せなかったタオルがいつしか回せるようになる。これをやるだけで肩こりの予防に驚きの効果がある。


肩甲骨ストレッチ

こっちも良い。ここまで完璧に曲げることはできずとも、肩が非常にスッキリするため、デスクワークの方々には本当にオススメできるストレッチ方法だ。ぜひ習慣化して頂きたいと思う。

眼の痛みが無い人生はもちろんのこと、肩こりの無い人生もまた本当に素晴らしい。これからもノー肩こりライフで、最高の人生を送ろうでは無いか。