傷鴨日記

自分の人生を歩み、人の為に生きる。

好きなことをしよう:1日のスケジュールを円グラフに表現する。

私が最も溺愛するグラフはレーダーチャートであるが、1日のスケジュールが円グラフになっているやつも結構好きである。なので日経WOMANとか、頑張れよ人間!系メディアに頻繁に登場してくれるのはとても有難い。別にその人のスケジュールを知れるとかそういう有り難さではなく、単に1日のスケジュールが円グラフになって表現されている、その美しさに心惹かれているのである。人類で最初に「1日のスケジュールを円グラフに表現」しようとした人が誰かは知らないが、敬意を表したい。

というわけで自分でも作ってみることにした。最近の世の中は本当に便利で、エクセルでも作れるし、以下のような専用アプリもある。 

しかしもっと簡単に作れるツール「24時間サークルメーカー」を作ってくれている方がおられた。1時間単位か30分単位でスケジュールを入力するだけで円グラフができるという、素晴らしいツールである。このツールが最も簡単に作れると思ったので、こちらを使用させていただくことにした。

現在のスケジュール

f:id:gerres72:20190313070618p:plain

簡単簡単、超簡単。色やフォントを選べれば更に最高だが、必要十分だ。

さてこれが現在の私の1日のスケジュールである。バランスが取れていて非常に人間的な生活を送れていることが一目でわかるだろう。なんと22時には余裕で寝れる。その分、超早起き(4時半)ができる。

私はどうも仕事終わりの夜には頭が疲れ切っていて趣味に十分な真心を込めることができないらしい。とはいえ仕事がなければ夜の方が冴えるもんだから、やはり仕事は疲れるんだなあと思う。

したがって、朝に好きなことを取り組めるように、4時半に起きてさっさと職場の最寄り駅まで行って、カフェで優雅に過ごしている。たっぷり1時間半もカフェでくつろげるため、なかなか優雅である。ここで読書したりブログを書いたりと、全力で好きなことに取り組んでいる。

仕事は今は非常に落ち着いており、ほぼ定時上がりができている。結局、仕事にはまっていない限り、人間が健康的な暮らしを営むには定時上がりするしかない。ということに気づいてしまった。特に結婚していたり介護していたり子供がいるのであれば尚更である。

夜はリラックスしかしていない。きっちりと夕食をとり、たっぷりとお風呂に浸かり、ストレッチを十分に行い、また読書したり、時にはYoutubeやドラマを見たりして、気持ちよく寝る。今、私は大変幸せな毎日を過ごせていると思う。

過去のスケジュール

f:id:gerres72:20190313071731p:plain

ついでに過去のスケジュールも作ってみたが、現在との違いに愕然とした。仕事漬けとはまさにこのことで、寝れていない。最初は土日の睡眠であっという間に回復していったが、1年半も同じ生活をすると、回復が追いつかなくなるらしい。そこからはあっという間で、疲労が私を休職に追いやった。

良い意味で捉えると、私はその時、確かに仕事に熱中していたのだ。特に最初の2年間はやってやろうという気持ちで、真心込めて仕事に取り組んでいたと言っていい。ただ猪突猛進だったというか、柔軟性がないというか、とにかく頑張るみたいな、若気の至りがあったのだろう。ただし休職してからは自分の体調をよく見つめるようになったし、疲れやストレスに対して明らかに敏感になった。そういう意味で休職という経験は、今となっては非常に良い教訓を私に与えてくれた。

とはいえこのタイムスケジュールは明らかに異常であり、こんな生活は二度としたくない。仕事に熱中できるのは大変素晴らしいことであるが、何事にも限度が必要だ。とりあえず睡眠時間だけは死守していきたい。