傷鴨日記

論語と算盤に生きる。

起業準備2.クレジットカードを作っておく。

節約する最良の手段は、クレカを手放し現金主義へと回帰することである。なぜなら、クレカは支出をブーストさせる”魔法のカード”なのだから。誰にとって魔法かというと、それは売り主と政府である。だから今すぐ節約したい人がいれば、ポイント還元率やキャッシュバックを売りにセールスしてくる邪悪なアフィリエイターから一線を置き、現金生活に立ち戻ってみることをオススメしたい。

が、起業となれば話は変わってくる。売り上げは早く回収し、借金はなるべく遅く返すことが重要になる。これが逆になれば、資金ショートへの道も早まる。ということでクレカは必須アイテムになる。そして脱サラして信用という社会資本がほぼゼロになる私は、しばらくはクレカを作ることができなくなる。非情な世界..

作っておくなら今のうち。私はこれまでオリコカードの1枚だけで生きてきたが、いまのうちにクレカを何枚か作っておくことにした。

起業したとしてもどうせ大したことには使わない。投資や設備費用に使うだけで、何かに特化するわけでもないからだ。したがって選ぶべきはメインカード。特化カードなんぞいらん。

私がメインカードと定義する条件は以下である。

  • 国際ブランド(VISAかMaster Card)
  • 会員費無料
  • 還元率1%以上
  • iDかQuickPayがついてる

よってこれに該当するオリコカードに加え、Amazonクラシックカードを作成した。Amazon利用時は還元率が2%にある最高のクレカである。 

なんかキャンペーンで適用される5000ポイントが入ってこないとレビュー欄が激怒しているが、申し込んだ次の日には普通に入ってきて安心した。Amazonプライム会員なので、事業が上向いてきたらゴールドに切り替えようかな。

加えてもう1枚、リクルートカードを作成した。これはJCBブランドのためメインカードの定義からは外れるが、1.2%という高還元率、さらによく使うじゃらんホットペッパー利用時の還元率がアップすることに惹かれた。

recruit-card.jp

実は元彼女との旅行やおでかけでせっせとじゃらんに貢献した結果、ポンタポイントが7万円も貯まっていたりする。10万くらい貯まったら最高級のスイートルームに泊まろうかと画策していたが、あら残念。1人で行こうかな。

あとは使ってない勤め先の超ポンコツクレカが1枚、あとは住信SBI銀行に口座開設した際にデビットカード機能付きキャッシュカードが送られてきたので、計5枚。5枚もあれば十分だろう。ETCカードリクルートで申し込んでおいた。

事業用の口座は後で作るとして、どれを事業用のクレカにするかは迷いどころだ。とはいえ基本的には最高還元率のリクルートカードを生活費として使い、オリコカードを事業用に使えば、特に問題なさそうである。