傷鴨日記

自分の人生を歩み、人の為に生きる。

『後押し読』という読書法。

臆病でアンポンタンでクソ野郎な私は、自分の気持ちに正直になれない。物事を直ちに実行できない。こんなことを吐けばホリエモン生田絵梨花に説教されそうだが、そんなものは簡単には治せない。早く動ける人が心底うらやましい。

じゃあどうすべきかと言うと、時間をかけてゆっくりと自分の決意を固めていくしかない。そこで『後押し読』を活用する(※勝手に命名した)。なんだかんだで、自分の中では決意を固める最速の手法だったりする。

『後押し読』とは簡単に言えば、心の中での決定事項を表面化し、固く決意させるための読書法である。目的がはっきりしている分、非常にスムーズに読書ができる。

よく恋愛相談で「おめぇもう答え決まってんだろ」みたいな相談をしてくる人がいるが、あれと似ている。要は相談相手を友人ではなく本の筆者に頼る。

私は無性に起業をしたくなってしまった。「ならさっさと会社辞めて起業しろよボケカスウンコ」というのがホリエモンの言い分であるが、そう簡単に決断できないのが臆病でアンポryな私である。ということで、起業を後押しする本を読みまくる。

ということで、この3日間で以下の本を読み漁った。 

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

 
6つの不安がなくなればあなたの起業は絶対成功する

6つの不安がなくなればあなたの起業は絶対成功する

 
起業を考えたら必ず読む本 (Asuka business & language book)

起業を考えたら必ず読む本 (Asuka business & language book)

 
改訂版 独立するならどっち!? 個人事業と株式会社のメリット・デメリットがぜんぶわかる本

改訂版 独立するならどっち!? 個人事業と株式会社のメリット・デメリットがぜんぶわかる本

 
ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 会社設立のしかたがわかる本

ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 会社設立のしかたがわかる本

 
お金は少ないほうがうまくいく! 損する起業・得する起業 (DOBOOKS)

お金は少ないほうがうまくいく! 損する起業・得する起業 (DOBOOKS)

 
起業のファイナンス増補改訂版

起業のファイナンス増補改訂版

 
独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣

独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣

 
新版 ひとり社長の経理の基本

新版 ひとり社長の経理の基本

 
会社の税金 元国税調査官のウラ技

会社の税金 元国税調査官のウラ技

 
貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する (講談社+α文庫)
 
フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

 

総額2万くらいするが、こうすることで決意を固めるだけでなく、起業に必要な知識や情報を得ることができるため、準備にも取りかかることができる。

ポイントは、最初に起業に対してポジティブな文章を読むこと。これを間違えて先にネガティブな内容の本(上記では「起業を考えたら必ず読む本」がそれに当たる)を読むと、やる気が削がれるからだ。先にポジティブなものを読み決意を固め、続いてネガティブな本を読み、それに対する準備をする。こうすることでよりスムーズに実行に移すことができる。

私は失恋時にもこの読書法を取り入れていた。失恋は半ば強制的に発生してしまったイベントだが、その時は『孤独はいいぞ!』と1人でいることの喜びや楽しさを教えてくれる本を読み漁った。失恋ソングを歌いまくるのも最高だったが、この読書も大いに役立った。

kizukamo.hatenablog.com

ということで、私のような臆病でアンポンタンな人たちには非常にオススメな読書法である。回りくどいやり方であるが、結果的にあなたの決断を早めることになる。

まあ正直今でも起業に対する不安は消えはしないが、それでもやってやろうという気持ちの方が明らかに大きい。ああ、起業したくてうずうずしてきたわ。キモ。